蓄積した紙資料、写真をデータベースに!

自社内では開発が難しい、中小規模のデータベース開発が可能です。
デジタルデータだけでなく、アナログ(資料や書類)などをデジタル化。
さらにデータベース化することによって管理しやすくいたします。
データの展開例:e-book の作成
データを、e-bookとして展開することができます。
e-bookをwebにアップすることでweb上でもご覧いただけます。

データベース化で効率アップ!

必要なときに見つからない書類やデータ!
スペースをとる紙文書!
データベース化
デスクまわりの書類や資料などをデジタル化して管理しませんか?
データベース化

自動組版で大量の“データ”を活用!

<たとえば!>
①商品スペック表のデータをもとに「総合カタログ」「チラシ」をつくる!
②社員・職員の一覧データをもとに「名刺」「名簿」をつくる!
③住所録のデータをもとに、「DM」をつくる!
★自動組版のメリットは?
住宅情報誌や旅行パンフレットを思い出してください。
同じ形の箱組みが整然と並んで、中に入る内容だけが変化していますね。
1つの箱組みの中に入る情報は、お預かりしたデータから“コンピュータが自動的に”配置していきます。
“1つずつ人の手を介さない”ことで、“ミスなく短時間で”レイアウトすることができるのです。これが、自動組版の最大のメリットです。
もちろん、手作業で細かい体裁を整えたり、プリントアウトして校正(確認)する作業は発生しますが、そのコスト(時間・費用)は大幅に低減できます。
★どんなデータが使える?
よく使われている「excel」の一覧表そのままでOKです!
[採用例]
自動組版採用例
これらの技術を応用して

バーコードの大量自動作成・可変印刷

も可能です。
閉じる